蛍光式酸素計FO-960(耐溶剤)

見積専用電話:平日 営業時間のみ Tel:044-738-0622
Fax:044-738-0623
  1. カテゴリから選ぶ
  2. 水質検査機器
  3. 溶存酸素計(DO計)
  4. 蛍光式溶存酸素計
  5. 蛍光式酸素計FO-960(耐溶剤)

蛍光式酸素計FO-960(耐溶剤)

蛍光式酸素計FO-960(耐溶剤)溶剤の酸素濃度測定を可能にした蛍光式酸素センサー。

エタノール、メタノール、トルエン、キシレン、クロロベンゼン、アセトン、ジメチルホルムアミド、鉱物油

オートクレーブ滅菌・蒸気滅菌が可能です。

測定中の電解液の劣化がない為、長期間の溶存酸素の連続測定が可能

真空下~最大0.2MPa の広範囲の圧力環境での測定を可能

気体・液体・溶剤問わず50%以上の酸素濃度の測定を可能

静置状態(流速がない状態)

少量サンプル(5mL程度~)

送料/代引手数料無料 本体のみ 注文FAX お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード W-ASR-FO960-1 約60日-受注生産品
蛍光式酸素計(耐溶剤仕様)FO-960-WP-130 ※標準価格:675,000円

表示部蛍光式酸素計FO-960(耐溶剤)すでに組み込んでいるコントローラーに蛍光式酸素センサーバイオに交換することができます。ご相談ください。
センサー信号の種類(0-4V、0-120mV、その他)、メーカー名・型番が必要です。

蛍光式酸素計(耐溶剤仕様)FO-960の特長

●優れた測定性能

酸素を自己消費しないため、少量サンプルでも影響が少ない

長期連続測定が可能

溶存酸素DO測定対象が広い

●水中、気中を問わず測定が可能

従来の電極式酸素計では測定不可能だった油や海水のDO測定が可能

土壌やヘドロの測定も可能

●優れた耐久性

センサーの測定部がSUS、ガラス製でできているため、圧力による機械変動が少なく、耐圧下や真空下での測定が可能

センサーはオートクレーブ滅菌が可能

●取扱いが簡単

電解液や膜の交換が不要

消耗品であるセンサーチップは1年に1回の交換を推奨

オートクレーブ滅菌後の指示値の変動が少ない

電解液や膜の交換後または、オートクレーブ御の校正が必要なくなります。

 

表示/変換部の仕様

伝送出力   記録出力: 0~1[V] or 4~20[mA]
通信用出力: RS-232C 9600bps
寸法・重量   寸法: W180×H140×D240[mm]
重量: 2.3[kg]
センサーとの接続   センサーケーブル: 5[m] (標準付属)
電源   ACアダプター(AC 85~240[V]) (標準付属)
温度・湿度   温度: 5~45[℃]
湿度: 20~85[%] (結露無きこと)

センサー部の仕様

サイズ   130[mm]
測定範囲   O2: 0.0~50.0[%]
DO: 0.00~20.00[mg/L] (25℃時)
温度: 5~45[℃]
応答速度   O2: 180sec以内(90%応答)
DO: 360sec以内(90%応答)
材質   SUS316
校正   ZERO: O2 0% (水 又は、N2ガス)
SPAN: 大気中
諸特性   温度: 5~45[℃]
耐薬品性: 2~10[pH]
耐圧: 3[kg/cm2] (常用: 2[kg/cm2])
蒸気滅菌: 121[℃]、0.2[MPa]で1時間(オートクレーブ可)