R熱電対 保護管

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 温度計
  3. 温度センサー(熱電対/白金測温抵抗体)
  4. R熱電対 保護管

R熱電対 保護管


R熱電対

開放端子・保護管型R熱電対

使用温度範囲 常用:1400℃まで 
短時間測定可能温度:1600℃

PT0保護管つき(*PT1の製作可) R熱電対(白金・白金ロジウム合金)

R熱電対 保護管

R熱電対 保護管 Ø17mm 参考図面はこちら

R熱電対 保護管 Ø15mm 参考図面はこちら

R熱電対 保護管 Ø10mm

◆白金の相場変動により原材料費に影響を受ける為、参考価格の表示です。
価格は、予告なく変更する場合がございますことをご了承下さい。

R熱電対 補償導線

R熱電対 補償導線

※R熱電対補償導線のみご注文の場合にはお手配料がかかります。

(参考)ガラス被覆(GB)両端Y端子(M4)

R熱電対補償導線 熱電対RタイプØ0.3/7本撚り:Y端子:耐熱60℃


R熱電対補償導線 熱電対RタイプØ0.3/7本撚り 切りっぱなし:耐熱150℃


接続の概略図

<参考図:例>R熱電対補償導線付保護管型

補償導線(ミニオメガプラグ)つき 保護管型R熱電対も製作可能

ガラス被覆以外も対応可能/長さ、端末加工も変更可能
●別途お問い合わせください

温度センサ0仕様打ち合わせフォーム

<参考図>開放端子(大):例 R熱電対 保護管  R熱電対素線0.5mm

R熱電対R熱電対先端部

<参考図>開放端子(小)

R熱電対

R熱電対用 温度計

ワイヤレス Bluetooth4ch温度ロガーCENTER521(R熱電対対応)

Bluetoothワイヤレス接続でタブレット端末やスマホで温度を随時受信が可能。
■4点までの温度同時測定および表示が可能■ K/J/E/T/N/R/S熱電対の各タイプに対応
■ 最大32000件のデータ記録が可能 ■ 簡易メモ機能搭載(100件分のデータ)
■ 無料のiOS・Androidアプリのダウンロード可能 ■ PC接続でデータ管理可能(付属ソフトウェア) ■ 自動電源OFF機能


4チャンネル温度SDカード記録計47SDJ

温度計TM-947SDJ [データロガ](R熱電対対応)

SDカードスロット搭載で市販のSDカードに記録できます。
1台で同時に最大4ヶ所の温度測定が可能
温度測定範囲:-100~1300℃(温度センサ仕様による)
分解能:0.1℃ K熱電対、T熱電対、E熱電対、R熱電対,S熱電対対応。 Pt100Ω(TP-101)。 データ移動が簡単。 エクセル形式(CSV)で出力。 16年分のデーターをとることが可能。ACアダプター別売。背面にスタンドが格納。2電源:電池またはACアダプター


12チャンネル温度SDカード記録計BTM-4208SD(R熱電対対応)

SDカードスロット搭載で市販のSDカードに記録できます。
1台で同時に最大12ヶ所の温度測定が可能
温度測定範囲:-100~1300℃(温度センサ仕様による)
分解能:0.1℃ K熱電対、T熱電対、E熱電対、R熱電対,S熱電対対応。
データ移動が簡単。 エクセル形式(CSV)で出力。 16年分のデーターをとることが可能。ACアダプター別売。背面にスタンドが格納。2電源:電池またはACアダプター


アラームつき熱電対温度データロガーTX-600N(R熱電対対応)

応答速度の早さはピカイチ
K, J, T, S, R熱電対, E, B, C, N の熱電対センサに対応します。

2チャンネルで温度を計測・記録ができる防塵防水タイプIP66のデータロガー温度計です。USBやRS232端子を備えており、パソコンとの通信も可能。 (別途、USBケーブルや専用ソフトウェアが必要です) Hi/Loアラーム機能つき 2電源:電池またはACアダプター


熱電対対応温度データロガーMCR-4TC(R熱電対対応)

1台で4チャンネルの温度測定・記録ができるデータロガー
本体は4台まで連結でき最大16チャンネルの同期記録が可能
熱電対センサ( K, J, T, S,R熱電対 )対応
測定範囲: -270.0~1760.0 ℃ (使用するセンサによる)
プラグ不要でむき出しの温度センサの使用可能
記録データ:USBによる直接通信SDカード
記録容量:最大960,000件。USB(通信USBケーブルとソフト付属)

参考資料

ガラス被覆補償導線 熱電対RタイプΦ0.3/7本撚り 切りっぱなし


R熱電対について

R熱電対は、純白金線と白金87%ロジウム13%合金線との組合せ。

連続長時間測定可能温度:1400℃  短時間測定可能温度:1600℃

安定性に於いては特に優れており、研究室等の標準用として広く使用されています。


弊社の開放端子・保護管型R熱電対は素線、絶縁管、保護管、ソケット、端子箱で構成されています。

   使う場や条件により保護管や端子箱レスのものもあり。 

絶縁管は二種類の素線が先端以外で接触しないようにするため。

保護管は使用する温度により金属管やセラミック管から選択可能。(PTO/PT1)


R熱電対用温度計はこちら