ベースステーションRTR-500C

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 温度計
  3. おんどとり
  4. ベースステーションRTR-500C

ベースステーションRTR-500C

ベースステーションRTR-500C

RTR-500Cは「ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズ」の親機、中継機としてご利用いただける無線通信装置です。 パソコンとはUSBで簡単に接続することができ、付属ソフトウェア上で対応子機と通信し、記録データのモニタリング、自動収集、警報監視を実現します。

本機に計測機能(センサ)はありません。


FAX注文 お問合せ 見積依頼
製品名 価格
商品コード ON-R500C
ベースステーションRTR-500C
税別 23,800円
(税込 25,704円)


データコレクタRTR-500Cが実現するシステム構成図

ベースステーションRTR-500C

データコレクタRTR-500Cの特長

親機・中継機として動作

RTR-500Cは親機として子機のデータを無線で収集します。 また、親機・子機間の中継機としてご使用いただくことにより無線通信を延長できます。

RTR-500
C

登録可能台数
子機:1グループにつき32台*まで
中継機:1グループにつき30台まで
グループ数:20グループまで
*RTR-574/576は、1台の登録を2台分としてカウントします。
例:
RTR-501 x 10台:「10台」としてカウント
RTR-574 x 5台:「10台」としてカウント

記録データ自動収集

子機が記録したデータをあらかじめ設定した時間に収集することができます。
毎日または曜日の指定、さらに時間を指定して8パターンまで設定可能です。
収集したデータはネットワークを経由してSMTPサーバ(Eメール)もしくはFTPサーバ、おんどとり Web Storageへ自動的に送信することができます。

測定値送信機能

直近の記録データをSMTPサーバ(Eメール)もしくはFTPサーバへ最短5分間隔で送信できます。

記録データモニタリング

登録されたグループごとに子機の記録データをモニタリングできます。
モニタリング画面はトレンドグラフ形式で自動的に表示が更新されます。

RTR-500C

警報監視

子機ごとに上限値、下限値、警報判定時間を設定でき、指定したメールアドレス(4件まで指定可能)に警報メールを送信できます。

警報内容 ・測定値が設定した上下限値の範囲を超えた場合
・センサエラー(接触不良等)が起きた場合
・子機の電池残量が少なくなった場合
・無線通信が一定時間連続して失敗した場合
・上記の警報状態が解除された場合

ベースステーションRTR-500Cの仕様

型番 RTR-500DC
対応機種(※1) 子機 RTR-501 / 502 / 503 / 507 / 574 / 576 / 505-TC / 505-Pt / 505-V / 505-mA / 505-P
Lタイプ, Hタイプ含む
中継機 RTR-500C
最大登録台数

子機: 32 台(※2) x 20 グループ
中継機: 30台 x 20グループ

通信インタフェース <親機-(中継機)-子機間>
・無線通信(特定小電力無線)
RTR-500Cモード: ARIB STD-T67 (周波数:429 MHz帯, RFパワー:10 mW)
RTR-57モード(※3): ARIB STD-T67 (周波数:426 MHz帯, RFパワー:1 mW)
・光通信 (独自プロトコル) RTR-574 / 576を除く子機
<親機-PC間>
・USB通信
・シリアル通信(RS-232C)(※4)
無線通信距離 約150m(見通しの良い直線において)
通信時間 データ吸い上げ時間
・無線通信: データ16,000個につき約2分20秒
中継機使用時は中継機1台につき上記時間を加算
通信プロトコル SMTP (POP before SMTP, SMTP-AUTH 〈LOGIN / PLAIN / CRAM-MD5〉), FTP (※5)
電源(※6) USBバスパワー、単三乾電池x2本、ACアダプタ (AD-06A1)
電池寿命(※7) 中継機として単三乾電池x2本にて利用した場合 :
約6ヶ月(1日1回フルデータ吸い上げ/中継機1台の場合)
本体寸法 H 96mm x W 65mm x D 25mm (アンテナ含まず)
アンテナ長: 55mm
質量 約71g(電池含まず)
本体動作環境 温度: -10~60℃ (外部電源使用時 -30~60℃)
湿度: 90%RH以下(結露しないこと)
付属品 USB通信ケーブル(US-15C)、ソフトウェア(CD-ROM)、
名前シール、取扱説明書(保証書付)一式
対応ソフトウェア情報
ソフトウェア RTR-500C for Windows
対応機種 親機: RTR-500C
子機: RTR-501 / 502 / 503 / 507 / 574 / 576 / 505-TC / 505-Pt / 505-V / 505-mA / 505-P
Lタイプ, Hタイプ含む
中継機: RTR-500C
対応OS(※8)(※9) Microsoft Windows 8 32/64 bit 日本語
Microsoft Windows 7 32/64 bit 日本語
Microsoft Windows Vista 32 bit (SP1以降) 日本語
その他(※10) .NET Framework 2.0 必須

※1:RTR-5シリーズと混在して使用する場合の互換性および仕様については、弊社Webサイトを確認してください

※2:RTR-574 / 576 は1台の登録を2台分としてカウントします。

※3:RTR-50モードとは、RTR-500Cを従来機種のRTR-50として動作し、RTR-5シリーズデータロガーと無線通信を行うモードです。

※4: 別途公開の通信プロトコルを使用し、お客様ご自身でソフトウェアを作成していただければシリアル通信が可能となります。その場合オプションのシリアル通信ケーブル(TR-07C)が必要です。

※5: 付属ソフトウェアによって実現される機能です。

※6: USB 接続での使用時は電池やAC アダプタは不要です。中継機として使用する場合は単3アルカリ電池またはAC アダプタを別途用意してください。

※7: 電池寿命は周辺温度、通信回数、電池性能などにより異なります。本説明は新しい電池を使用したときの標準的な動作であり、電池寿命を保証するものではありません。

※8:インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。

※9:Windows 8をご利用の場合、弊社ソフトウェアは [デスクトップ] 画面での動作のみサポート対象となります。
Microsoft社のサポートが終了したOSについては動作保障の対象外となります。

※10:.NET Framework 2.0 がインストールされていない場合は、ソフトウェアのインストール時に自動的にインストールされます。

各部の説明

RTR-500C

1. LED
2. アンテナ台座
3. USB通信コネクタ
4. アンテナ
5. 光通信部
6. 電池フタ
7. RS232C通信コネクタ
8. ACアダプタジャック