オートビルセットⅢ 2100【カノマックス】

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 環境測定器
  3. 空気環境測定器[ビル管理]
  4. オートビルセットⅢ 2100【カノマックス】

オートビルセットⅢ 2100【日本カノマックス】

オートビルセットⅢ 2100

【『オートビルセットⅢ 2100』は『オートビルセットⅡ PLUS BS-A2+』のフルモデルチェンジになります。】

■建築物衛生法規制6項目を1台で測定、報告書を自動作成。

■低コスト、進化した使いやすさ、小型軽量を実現。

● 風速(気流)、粉じん濃度、温度、湿度、CO濃度、CO2濃度を同時測定

● 圧倒的なコストパフォーマンス

● タッチパネル式の大型カラー液晶で簡単操作

● 大幅な小型化、軽量化を実現

● 報告書自動作成が可能で測定後のデータ整理・入力が不要

*弊社は正規ルートですのでアフターサービスも可能です。

※画像はイメージです。実際の商品とは色・形など若干異なる場合がございます。

『オートビルセットⅢ 2100』は『オートビルセットⅡ PLUS BS-A2+』のフルモデルチェンジ

送料無料 本体のみ※代引不可 FAX注文 お問合せ 見積依頼 校正付見積依頼
製品名 価格
商品コード K-2100/KN
オートビルセットⅢ 2100【カノマックス】 ※較正なし

※仕様は変更になる可能性があります。


建築物衛生法で定められた建築物については、2カ月以内に1度の空気環境測定が義務付けられています。

風速(気流)、粉じん濃度、温度、湿度、CO濃度、 CO2濃度の6項目が指定されており、項目の多さに伴う測定時間や消耗品費の増大がコスト負担となっています。

オートビルセットⅢ」は、1 台での6 項目同時測定による作業効率の向上、消耗品費の削減などにより、貴社のコストダウン実現をお約束します。

※『オートビルセットⅢ 2100』は『オートビルセットⅡ PLUS  BS-A2+』のフルモデルチェンジになります。

オートビルセットⅢ 2100の特長

原価低減による低コストを実現

使い勝手や応答性の向上を図るとともに、原価低減による低コストも実現。お客さまへのベストプライスをご提供いたします。

7インチタッチパネル液晶採用。分かりやすい操作画面。

測定から印刷まで、画面タッチで様々な機能をスマートに操作いただけます。測定場所や測定者の追加など細やかな情報登録機能も。外部機器入力設定からは、オプションで騒音、照度、輻射温度、床上温度を測定いただけます。CO、CO2、校正、粉じん計ゼロ校正もマニュアル画面を見ながら簡単に行っていただけます。

オートビルセットⅢ 2100の特長
光でお知らせ

測定中はランプが点滅。測定終了と同時に点灯に変わり、測定終了をお知らせします。

オートビルセットⅢ 2100の特長


報告書を自動作成

付属のソフトウェアを使用し面倒な報告書も自動で作成できます。測定データは、本体に直接USB メモリーを差し込みデータを抜き出すことにより PC でもご確認いただけます。
オートビルセットⅢ 2100の特長


バッグインでラクラク持ち運び。折りたたみ式の小型軽量モデル。

本体重量は約 4 kg なのでバッグインで手間なく持ち運びいただけます。折りたたみ式のデザインが叶えた大画面液晶と可搬性により使いやすさを追求しました。校正や修理依頼時には本体から粉じん計のみを簡単に取り外すことができます。コンパクトながら約 10 時間の連続測定が可能です。
オートビルセットⅢ 2100の特長


狭い場所もスムーズに移動

改札の間も測定器が入ったバッグを持ったままスムーズに通過できるため移動も簡単です。
オートビルセットⅢ 2100の特長


オートビルセットⅢ 2100の特長

オートビルセットⅢ 2100の用途

建築物衛生法(旧称:ビル管法)に基づく環境衛生管理

気流、浮遊粉じん、CO濃度、CO2濃度、温度、湿度を1台で同時に測定できますので、測定時間の短縮が可能です。オプションで騒音・照度・輻射温度の測定も行っていただけます。ビル、映画館、百貨店、ホール、図書館、博物館、店舗、事務所、学校などの空気環境測定に。

室内空気環境の研究/トレンド評価

連続測定の機能を有していますので、室内の快適性評価や省エネ診断などに用いることができます。

空港施設の環境計測

空港設備内の数百地点において建築物衛生法(ビル管法)で定められた項目(風速(気流)、粉じん濃度、温度、湿度、CO濃度、CO2濃度)の測定をするために、より迅速で簡便な測定方法として採用されています。

事務所則計測の自社業務化

事務所の衛生基準を定めた厚生労働省令である「事務所衛生基準規則」(事務所則)では、2ヶ月に1度の空気環境測定が義務付けられており、そのための測定器として多く採用いただいております。

オートビルセットⅢ 2100の仕様

※仕様は変更になる可能性があります。

本体の仕様
測定方式 気流速度 熱線式
浮遊粉じん 光散乱式
温度 白金測温抵抗体方式
相対湿度 静電容量式
CO濃度 電気化学式
CO2濃度 非分散型赤外線
測定範囲 気流速度 0.05~5.00 m/s
浮遊粉じん 0.001~10.000 mg/m3
温度 -20~60℃
相対湿度 2~98 %RH
CO濃度 0.1~500 ppm
CO2濃度 0~5000 ppm
出力機能 デジタル出力:USB×1
メモリー機能 最大メモリー ビル300カ所×測定場所300カ所 ※内蔵メモリー保存
電源 充電式リチウムポリマー充電電池(連続使用約10時間)またはACアダプター
外形寸法 270(W)×368(H)×139(D) mm(突起部含まず、センサー収納時)
重量 4.0 kg
付属品 キャリングバッグ、取扱説明書測定、報告書作成ソフトウェア
ACアダプター、測定ワゴン、USB通信ケーブル
※校正ガスキットは付属しません。


オートビルセットⅢ 2100の寸法 (単位:mm)

オートビルセットⅢ 2100の寸法

キャリングバッグについて

キャリングバッグに測定器本体を収納したまま測定ワゴンに固定し本体を開くと測定可能。
オートビルセットⅢ 2100の寸法


株式会社佐藤商事は、日本カノマックス(株)の正規代理店 

0120-009-750. 受付時間:8:45~17:15 (土・日・祝日および弊社休業日を除く)

修理や不具合点検など、弊社にお気軽にご相談ください。