金属検出機AD-4971 生産ライン検査用

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 秤はかり/台秤/電子天びん
  3. 金属検出機AD-4971 生産ライン検査用

金属検出機AD-4971 生産ライン検査用

金属検出機ウェイトチェッカーAD-4971生産ラインでの金属異物を高感度で検出し、 安全、安心な商品のご提供に貢献します。

サンプルテストが必ず必要になります。検出できるかの確認が必ず必要です。

営業担当が、商品の説明に伺うことも可能です。 (地域限定)

弊社ではメーカー(A&D)と協力して対応しております。

引き合い製品ですので、お見積り依頼をお願いします。

製品名 価格
金属検出機AD-4971 生産ライン検査用

食品、医薬品、衣料品、化学原材料の製造・加工工程における異物の検出除去は、PL法やHACCPの普及からきわめて重要な要素です。

非検査品内の異物を検出し、異物混入を未然に防ぎ、製品の品質を高める装置がAD-4971シリーズです。異物の中で人体の危険性が高い金属異物を検出・排除できる産業用ベルトコンベアタイプ電磁式同軸型の金属検出機です。

金属検出機AD-4971シリーズの特長

■7インチカラータッチパネルで操作が簡単
表示部は7インチタッチパネルカラー液晶を採用しました。視認性、操作性が格段にアップしています。
(音声ガイダンスによるサポート機能付です。)
■USBメモリから画像の取り込み
USBメモリから、検査する製品の画像を本体に取り込むことが可能。
画像はサムネイル表示により簡単に設定可能です。製品選択時に識別が容易に行えます。
■登録品種最大1,000
測定する製品を10グループに分け、各グループ最大100件まで登録が可能です。

■防塵・防水 IP65準拠:全体か水洗い可能で、衛生的てす。

■自動感度設定機能

■HACCP対応

■本体メモリへ最大100件分の検査結果を記録可能な検査履歴機能USBメモリを装着することにより、記録件数を増やすことが可能

■取り外し可能なコンベアベルトで、清掃やメンテナンスが容易

■可変ベルト速度 10~60m/min

■LAN通信が可能

■Modbus通信

Modbus RTU/Modbus TCPを実装しています。
Modbus通信により、簡単にシームレスな接続が実現可能です。
計量のスタート/ストップや、集計データ、品種変更等が外部機器から設定可能です。

大きな画像はこちら金属検出機ウェイトチェッカーAD-4971

 

高感度金属検出機(脱酸素剤仕様)AD-4971-Eシリーズ

金属検出機ウェイトチェッカーAD-4971

食品市場において、賞味期限が重要なファクターになっています。

脱酸素剤(鉄系)は生産者に長く愛用されていますが、鉄成分が大きく、金属検出機を通す際の大きな障害になっています。

現状は脱酸素剤が入っているか否かの検査を金属検出機で行い、 同時に金属異物の検出をするのは不可能な状態にあります。

● 脱酸素剤の有無の検査と金属異物検出の同時検査

● 袋の中の脱酸素剤の位置に左右されない検査

● 脱酸素剤が入っている状態で、温度影響を受けない検査

脱酸素剤入りの製品検査に必要な検出感度

■ 鉄・ステンレス ■∅2mm(0.033g)
※脱酸素剤の重量=1g以上 

センサーヘッド開口部寸法

AD-4971-3510-E: 幅350×高さ100(通過高さ80)
AD-4971-3517-E: 幅350×高さ170(通過高さ150)
AD-4971-3525-E: 幅350×高さ250(通過高さ230)

金属検出機ウェイトチェッカーAD-4971


 音が出ます。



金属検出機AD-4971の仕様

モデル AD-4971シリーズ
開口部寸法 350mm
高さ 100mm 170mm 250mm
通過高さ 80mm 150mm 230mm
検出感度 Fe ∅0.3mm ∅0.5mm ∅0.7mm
SUS ∅0.8mm ∅1.0mm ∅1.5mm
防塵・防水仕様 IP65準拠
タッチパネル
2Dグラフ表示
写真付きメニュー
音声操作ガイド
Modbus対応
FTPサーバ機能
USBメモリへの履歴記録機能
IOボックスへのアクセス性
メンテナンス ○(ギア駆動方式)
PLCインタフェース(標準装備) Modbus RTU/Modbus TCP FTPサーバ機能(LAN) リレー出力/ 汎用入力

金属検出機AD-4971シリーズの外形寸法図

大きな画像で見る金属検出機ウェイトチェッカーAD-4971

注意:高感度金属検出機(脱酸素剤仕様)AD-4971-Eシリーズ の価格は上記とは異なります。