C-Mix遠心撹拌機/撹拌装置

見積専用電話:平日 16:00まで Tel:044-738-0622
Fax:044-738-0623
  1. カテゴリから選ぶ
  2. 研究機器
  3. C-Mix遠心撹拌機/撹拌装置

C-Mix遠心撹拌機/C-Mix撹拌装置

C-Mixは、従来のプロペラ撹拌でなく最新技術「遠心撹拌」採用。撹拌作業の手間を削減したいを叶える撹拌機! 

C-Mix遠心撹拌機/C-Mix撹拌装置

C-Mix塗料撹拌機/撹拌装置(一斗缶・ペール缶固定式)

C-Mix塗料撹拌機/撹拌装置(一斗缶・ペール缶固定式)DAF-011A

従来のプロペラ撹拌でなく最新技術「遠心撹拌」採用。
撹拌作業の手間を削減したいを叶える撹拌機!●設置は簡単:固定フックをひっかけてノブを回すだけ
●塗料の沈降防止に最適!塗装品質が確保できます ●羽根の様な突起がないため、容器を傷つけません ●撹拌作業の労力軽減。 ●器具の洗浄や後片付けが容易 ●φ80ワイドレンジタイプ(SUS316製)搭載

C-Mix遠心式撹拌装置/ラボ研究用

C-Mix遠心式攪拌装置/ラボ研究用遠心撹拌機

口径の選択:直径19mm、直径25mm、直径35mm
材質の選択:SUS316、フッ素樹脂
シャフトの直径と長さ:フッ素樹脂タイプ直径8mmx300mm
*の撹拌体は、ヘッドとシャフトもフッ素樹脂で溶着接合なので金属防爆部がありません。

C-Mixスタンダード撹拌体 半球タイプ(一斗缶サイズ対応)

C-Mixスタンダード撹拌体 半球タイプ(一斗缶サイズ対応)

口径の選択:直径64mm
材質の選択:SUS316・アルミ
シャフトの直径と長さ:直径10mmx550mm 又は 300mm

C-Mixワイドレンジ撹拌体

C-Mixワイドレンジ撹拌体

口径の選択:直径65mm、80mm
材質の選択:SUS316・アルミ
シャフトの直径と長さ:直径10mm・13mmx550mm、700mm

C-Mix万能ハンディタイプ電動撹拌機/撹拌装置

C-Mix万能ハンディタイプ電動撹拌機/撹拌装置HD

様々なシーンで活躍できる撹拌機。
低速域で粘りのあるフィードバック制御付撹拌機 。ダイヤル式無段変速機構付
液と粉の撹拌に。屋外での撹拌に移動型撹拌機。反力が小さいので簡単。
ちょっとまぜたい時に。こまめに撹拌子を洗浄したい時。撹拌体C-Mi交換式。
粘度の高い液体の撹拌には、ワイド撹拌体を


C-Mix固定式撹拌機/撹拌装置K18(18L塗装缶・一斗缶・ベール缶用)

固定式撹拌機。エアーモーター一体型撹拌機C-Mix。18L塗装缶、ベール缶等に固定してかくはん


C-Mixエアモーター一体型ハンディタイプ撹拌機/撹拌装置HA

C-Mix撹拌原理

羽のない遠心式撹拌体

高い安全性と偏りのない撹拌が可能になった撹拌機

●遠心力で下穴から吸って横に吐くという循環水流を生み出し、偏りのない撹拌が可能。

●キャビテーション(泡)の発生がほとんどなく、吸い上げによるスラリーや沈殿物などの撹拌にも有効。

●せん断力がほとんど無いため、せん断力をかけたくない柔らかい撹拌に適している。

●撹拌羽根がないため高い安全性。

●貫通型のヘッドを複数組み合わせることにより、より複雑な撹拌・流動を得ることも可能。

PTFE(フッ素樹脂)やSUS316などのラインアップが可能です。
すでにお持ちの撹拌機に遠心撹拌C-MIXのとりつけをすることができますのでご相談ください。

C-Mix遠心撹拌機/撹拌装置の動画

C-Mix遠心撹拌体の用途

■塗料製造現場で遠心撹拌体C-Mixが活躍

塗料製造ラインで採用されています
溶剤、水系共に採用されています

気泡の発生が大幅に減り材料劣化を抑制、品質の向上に貢献しています。
1~6tのタンクで採用になっています。
増粘剤の劣化抑制に効果があります

■メッキメーカーで遠心撹拌体C-Mixが活躍

メッキ槽の撹拌とメッキ薬剤の連続供給装置で採用

メッキ液に気泡が入らないため、ピンホールやエアポケットの発生が、真空引きの工程の省略が可能になった。
特にディッピングによるタクト処理ラインでは効果が期待できる。
メッキ槽、薬液の調整、供給タンク両方で採用実績があります。

■自動車塗装ラインでの採用

自動車メーカーおよび、ティア1企業の塗装ラインで採用

自動塗装のサーキュレーションライン、およびラインへの塗料供給装置で共に採用。
特に難易度が高いといわれるマイカ、パール系の塗料で高評価を得ている。

■家電メーカー、および外注企業で遠心撹拌体C-Mixが活躍

環境対応により塗料が高難易度の塗料となってしまった

特殊塗料ラインで、急増した不良を1/10程度まで減らすことに成功。
メーカーの生産技術も「撹拌で塗装品質が大きく変わる」と今までと違う認識を持っていただけました。

■特殊機能性塗料の撹拌に遠心撹拌体C-Mixが活躍

羽根による撹拌が不可能とメーカー指示のあった特殊な塗料で採用

該当塗料はせん断、および撹拌の波による生乾きによってコンタミ(異物発生)が避けられないと考えられていたが、C-Mixによる撹拌は可能であることから塗料の常時撹拌が可能になり品質が大きく向上した。
撹拌時波ができないような低流速でも混ぜることができる「遠心撹拌」の特性を十分に理解しないとこのような提案は出来ない。
技術開発者のエディプラスが技術顧問であることで採用まで至った。
加圧タンクで加圧しながらの撹拌でも気泡巻き込みは発生していません。

■エポキシ樹脂撹拌に遠心撹拌体C-Mixが活躍

2液電子基板モールド材の撹拌

金属コンタミが絶対に許されない基板モールド樹脂の撹拌ではヘッドを樹脂で作ることで金属コンタミの発生がない。
また、樹脂材の気泡はモールド不良の要因になるため、加圧される供給タンク内の撹拌は作業中難しかったが、加圧タンクでも撹拌が可能になった。

■ゴム製造工程 に遠心撹拌体C-Mixが活躍

ゴム製造工程 ゴム素材がくっつかないように塗布する材料を貯留するタンクで採用。
不溶性粒子の入った離型剤の撹拌でも均質性を評価されています。

ケミカルメーカーに遠心撹拌体C-Mixが活躍

大手ケミカルメーカーで界面活性剤の撹拌で泡が出ないという事で採用増粘剤の劣化抑制も評価されています。

■飲食料品・化粧品に遠心撹拌体C-Mixが活躍

調味液・調味油の撹拌

油に塩、薬味などの入った調味液の供給装置の撹拌などで採用

均質な分散が得られることで味のばらつきがなくなりました。
難しいといわれる食品用増粘剤の撹拌でも採用されています。

■工場排水の高分子凝集剤の撹拌で採用

せん断が極めて小さい形状に設計することで高分子凝集剤のフロック生成で、大きなフロックを作ることが可能になり補修率が上がった例がある。
また、脱脂剤に含まれる界面活性剤で泡立が多く発生していた処理ラインで大幅に泡の発生を抑制した。

■生物処理槽、濾過槽での採用

ゲル状、およびチューブ状多孔体を使った生物処理装置の撹拌で採用

軟質材や樹脂製の担体(多孔状樹脂体)を傷つけず「隅々まで循環、置換」が可能。
タンク内は低流速でも均質に置換されるため単体の量を増やすことが可能。
藻類の培養にも向いている。
※この技術はバイオ関連(細胞培養)などにも適用できると思われる。

C-Mix遠心撹拌体の特長

羽根なしの遠心力撹拌C-Mix!容器の底までしっかり混ざる! 泡の発生や、液の飛散も防止

撹拌作業をするとき、「材料が底に沈んで混ざり切らない」「空気を巻き込んで泡立ってしまう」「せん断力がかかって材料が壊れてしまう」といった問題がよく起こります。

撹拌体C-Mixは遠心力や竜巻状の渦流によって効率よく液体を混ぜることができます。

羽根・プロペラを排し、接触時のケガも防止。

容器の底までしっかり撹拌できる上に、低せん断性で材料への影響も低減。

液の飛散や泡立ちも抑えられ、塗料・インキの撹拌に最適です。