ZIRCONメタルスキャナー MT-6

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 非破壊検査試験機器
  3. コンクリート試験機
  4. ZIRCONメタルスキャナー MT-6

ZIRCONメタルスキャナー MT-6

ZIRCONメタルスキャナー MT-6約15cmまでの深さにあるコンクリート内の鉄筋や非鉄金属探知で威力発揮!

深さをセンチメートルで表示

コンクリートブロック、または鉄筋や配管を含む壁の切断作業には欠かせないツールです。

誰でも簡単に操作が可能

わかりやすい大きな液晶画面に表示

コンクリート表面をなぞるだけで、 コンクリート内の全ての金属の位置と深さを探知

送料/代引手数料無料 オプション品のみの購入は手配料がかかります。

デモ機依頼はこちら(法人のみ)

製品名 価格
通販コード SMD-001-01
標準在庫
鉄筋探知機 MT-6 ZIRCONメタルスキャナー ※【当社だけのオリジナル特典:専用アルミケースつき】
超特価 税別 26,000円
(税込28,080円)
ZIRCONメタルスキャナー MT-6


確実な現場作業に答えるZIRCONメタルスキャナー MT-6 

 誤って鉄筋を切ることを未然に防ぎたい!

◆鉄筋に近づくと「+」、離れると「-」表示。ブザーでもお知らせで確実に鉄筋のありがを発見。

鉄筋のJIS規格D6(直径6mm)D10(直径10mm)のいずれも探知可能

ZIRCONメタルスキャナー MT-6米国において「安全なフロリダ住宅計画」で公認されています。


鉄筋、ケーブル、配管、再生木材に埋め込まれた釘、ラス・しっくい壁裏の間柱に埋め込まれた釘・鋲、配線ボックスや配管など、様々な金属の検出や回避をすることができます。

 

ZIRCONメタルスキャナー MT-6

本体が金属に近づくにつれ、大きな「プラス(+)」サインが液晶ディスプレー上に現れます。

金属上を通過し、本体が金属から遠ざかると「マイナス(-)」サインに変わります。


ZIRCONメタルスキャナー MT-6

表面上から砂や小石を取り除いてください

表面がデコボコしている場合や
印をつけれない時は、
ボール紙を上において探知ください。
深度は、ボール紙を差し引きしてください


ZIRCONメタルスキャナー MT-6の用途

ZIRCONメタルスキャナー MT-6ZIRCONメタルスキャナー MT-6ZIRCONメタルスキャナー MT-6

誤って鉄筋を切断しないようにZIRCONメタルスキャナー MT-6で鉄筋の目安を

事前の鉄筋の位置確認にZIRCONメタルスキャナー MT-6で

建築・建設など、住宅リフォーム業界にZIRCONメタルスキャナー MT-6で


ZIRCONメタルスキャナー MT-6の用途

コアリングの前にコンクリートに埋め込まれた金属を探知

スタッド(金属性のピン)の探知

導管の探知

銅のパイプの探知

補強筋の探知

金属の電気箱の探知

木摺の上のスタッドとしっくい塀で釘の探知

中古の材木の中の釘スキャン

フライス削りの前に木スキャン

木と金属スタッド区別

調査マーカーの探知

金属スプリンクラー管をたどってください。

考古学的な仮住まいで金属の場所の探知

白アリ罠とスプリンクラー箱の探知
(金属で、タグ付けをされます)

地下配線をたどってください。

穴をあける/切断の前に張力ケーブルの探知

金属放射加熱にパイプとケーブルの探知

コンクリート/土で金属配管工事パイプの探知

電気線やケーブル線や電線の探知


ZIRCONメタルスキャナー MT-6の仕様

寸法 251 mm x 109 mm x 63 mm
重さ 286 g(バッテリーなしで)
動作環境温度・湿度 -7~49度、80% RH(結露なきこと)
保存環境温度 -20~66度
耐水性 防滴
電源 9Vアルカリ電池×1(約1年間)

ZIRCONメタルスキャナー MT-6の注意点

厚さ100mmのコンクリート部材中の鉄筋を探知したいのですが、鉄筋径がφ2.3mmです。
探知可能ですか?


残念ながら不可能です。

 

木製の間柱や陶器、ポリ塩化ビニール製のパイプなどの非金属の検知はできません

 

使用の際は、時計や宝石などのアクセサリーは、はずすこと

 

金属どうしの距離が近すぎる場合は、正確に検出するのがむずかしい

 

電線の近くで作業を行う場合は、電源を切ってください

 

釘のような小さい金属は、実際よりも浅い深部に表示されます

 

浅い場所にある金属は、鉄か非鉄かが誤って表示される場合があります

 

表示が安定しない場合は、表示部の下にある「RECALIBRATE」ボタンを押してください。 表示が初期設定にもどり、正式な計測が可能となります。