放射温度計DT-8855(多機能型)

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 温度計
  3. 放射温度計・非接触温度計・赤外線放射温度計
  4. 放射温度計DT-8855(多機能型)

放射温度計DT-8855(多機能型)

放射温度計DT-8855(多機能型)

放射温度計DT-8855は、危険で近づけない場所でも安全・確実に測定が可能な、ハイパフォーマンスな高温用放射温度計です。

石油化学産業、アスファルト処理、医療関係、発電所、治金、紡績業、プラスチック製造業、金属加工業、空調設備、車両点検、その他、研究機関などでの幅広い使用が可能です。

接触式でも温度計測が可能 (別売りセンサが必要です。)
急速な温度変化を見逃さないので、多くの企業が採用

放射温度計の測定範囲:-50~+1,050℃(非接触式)

K熱電対センサで温度測定も可能です。(接触式)

位置確認用レーザーポインター内蔵 

最大値/最小値でのアラーム機能

値を固定できるデーターホールド機能つき

自動電源オフ機能  バックライト機能

赤外線放射率の変更が可能:0.10 ~1.0 。自動で放射率をあわせます。アナログ出力つき

堅牢さ、使いやすさで人気。安心のCEマークつき。

ACアダプタ使用も可能ですので連続測定が可能

送料/代引手数料 無料 本体のみ 校正見積り
製品名 価格
商品コード ORT-004-01
標準在庫
放射温度計DT-8855 ※(温度センサーTP-300、ACアダプター、台座、ミニ三脚つき)
税別 19,800円
(税込 21,384円)

放射温度計DT-8855の特長

◆長距離狭視野測定タイプなのに低価格

ロングフォーカス設計。危険で近づけない場所でも安全・確実に測定が可能
スポット径=対象物までの距離/30になります。

測定対象物からの距離が離れるほど、スポット径は大きくなります。
単位(mm)ごとの距離とスポット径の関係は、下図のようになります。
300mm(0.3m)離れると直径10mm、900mm(0.9m) 離れると直径30mm、1500mm(1.5m) 離れると直径50mm

  

◆非接触式温度計としても、接触式の温度計としても使用できます。

放射温度計DT-8855放射温度計の測定範囲:-50~+1,050℃(非接触式)

K熱電対センサで温度測定も可能です。(接触式)

K熱電対はこちらです。

センサによって計測できる温度帯が異なります。

お持ちのカメラ三脚にとりつけが可能です。

放射温度計DT-8855

超放射温度計DT-8855の用途

石油化学産業、アスファルト処理、医療関係、発電所、治金、紡績業、プラスチック製造業、金属加工業、空調設備、車両点検、その他、研究機関などでの幅広い使用が可能です。

放射温度計DT-8855の仕様

K熱電対による温度測定範囲 -50 ~ 1370℃(センサの選択による)
表示分解能
0.1℃
精度 ※(読取値の±1.5%+3℃)(‐50 ~ 1000℃)
(読取値の±1.5%+2℃)(1000 ~ 1370℃)
赤外線による温度測定範囲 -50 ~ 1050℃
表示分解能 0.1℃
精度 ※±5℃ (‐50 ~- 20℃)
±(読取値の1.5%+2℃)(- 20 ~ 200℃)
±(読取値の2.0%+2℃)(200 ~ 538℃)
±(読取値の3.0%+5℃)(538 ~ 1050℃)
距離計数 30:1(計測距離:スポット径)
赤外線照射率 0.10 ~ 1.0
レーザー規格 出力<1mW、レーザー波長:630 ~ 670nm、クラス2
使用周囲温度 0℃ ~ 50℃
分光感度 8 ~ 14µm
使用周囲湿度 10%RH ~ 90%RH
保管環境 20 ~ 60C、80%RH以下
電源 9V電池/ACアダプタ
重量・寸法 約290g(本体のみ)、100 × 56 × 230mm
付属品

本体、(株)佐藤商事オリジナル日本語取扱説明書、
9V電池(テスト用)、
ACアダプタ(台座付)、固定用三脚

K熱電対センサTP-300つき
-20 ~ 150℃/長さ:約95cm 

 


販売元 株式会社佐藤商事 日本正規代理店

※ 18~28℃ 80%RH未満の環境下

修理不可

放射温度計DT-8855

放射温度計DT-8855

放射温度計DT-8855の注意点

測定対象物の面積が、放射温度計の距離による視野以内にあることを確認してください

固体や液体の表面温度のみを測定します。

回転物の温度計測ができます。平均温度になります。

表面の凹凸がある場合、面として平均温度を計測します。

色の影響は受けません。

放射温度計は、可視光線領域ではなく、赤外線領域の波長の光を測定するため、原理的には色による誤差は生じません。

暗所での計測は問題ありません。

赤外線は真空を透過するので真空チャンバー内を測定可能です。

放射温度計の測定できないもの

大気の温度や固体・液体の内部温度の計測はできません。

光沢のある金属などは計測できません。

その場合は、黒体テープを貼るか、黒色スプレーで光沢を除去してください。

メタリック塗装などの光沢のあるものは、測定できません。

ガラス越しの測定はできません。ガラス表面の温度をひろいます。

斜めからの測定が入射角が45度以上になる場合は、計測できません。

懐中電灯と同じで斜めの光は、楕円になるように、測定視野範囲が大きくなるので注意が必要です。

目に見える粉じんや水蒸気のある環境では、影響を受ける可能性があります。

薄い板状のものやフィルム状のプラスチックは放射率が低く、測定できないものもあります。 (ポリエチレンやポリプロピレンなど)

温度センサー