紙・ダンボール水分計MC-60CPA

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 検査試験機器
  3. 水分計(含水率計)
  4. 紙・ダンボール水分計
  5. 紙・ダンボール水分計MC-60CPA

紙・ダンボール水分計MC-60CPA

紙・ダンボール水分計MC-60CPA紙・ダンボール水分計MC-60CPAは非破壊で水分測定可能

■測定範囲:0〜33%(紙)、
0~175カウント値(ダンボール)

■静電容量方式

■センサーを紙にあてるだけで、
すばやく水分測定が可能

シート状の紙やロール状の紙も、
そのまま押し当てるだけ

■各種の紙の検量線データがプリインス トール済み

ダンボール・ボード紙6種類、および一般紙5種類、ユーザー検量線1種の検量線が選択可能 詳細はこちら

■アラーム機能付

■深さ50mmまでの平均水分を測定

送料/代引手数料無料 本体のみ FAX注文 お問合せ 見積依頼 デモ機依頼
製品名 価格
商品コード SMS-015-01
標準在庫
紙水分計MC-60CPA
税別 73,000円
(税込 78,840円)

紙・ダンボール水分計MC-60CPAの特長

紙・ダンボール水分計MC-60CPA簡単操作

センサーを対象の紙に押し当てるだけで、即、水分を表示

非破壊で測定可能

シート状の紙やロール状の紙も、そのまま押し当てるだけで測定

各種の紙の検量線データがプリインス トール済み

ダンボール6種類、および一般紙5種類、ユーザー検量線1種の検量線が選択可能

ダンボール・ろ紙・ティッシュペーパー・セミケミカルパルプ・クレープ紙・テストライナ・梱包紙・中芯紙・クラフト紙・オフセット印刷用紙の水分測定に対応

選択キーでインストール済みの線量線を呼び出すことが可能

深さ50mmまでの平均水分が測定

より正確な水分測定のため、表面だけでなく深さ50mmまでの平均水分を測定。

測定対象の紙は重ねて50mm以上の厚さにして下さい。

小型・軽量・ポケットサイズ

オートパワーオフ

自動的に電源が切れます

アラーム警報

アラーム機能とは、設定した「しきい値」を測定値が上回ったときに、アラーム音でお知らせする機能 ホールド機能で、値を固定することができます。

ダンボール紙を水分計MC-60CPAで測定する場合

紙・ダンボール水分計MC-60CPA測定する段ボールと近い形状の番号(C1~C6)をCボタンで選択ください

 


紙の水分を測定する場合

紙を測定する場合は、紙・ダンボール水分計MC-60CPAのP1~P6に紙の坪量ごとに検量線が登録されているので、
測定する紙と同じものをPボタンで選択します

P1

ろ紙・ティッシュペーパー・80 g/m2 以下

P2

セミケミカルパルプ・クレープ紙・テストライナ・80 g/m2 以下

P3

梱包紙・中芯紙・80 g/m2 程度

P4

クラフト紙・80 g/m2 以上

P5

オフセット印刷用紙・80 g/m2 以上

P6

ユーザー検量線・80 g/m2 以上

紙・ダンボール水分計MC-60CPAの用途

  • ダンボール・ろ紙・ティッシュペーパー・セミケミカルパルプ・クレープ紙・テストライナ・梱包紙・中芯紙・クラフト紙・オフセット印刷用紙の水分測定に

  • 工場の生産ラインや検査部門で
  • 紙や古紙の貯蔵保管、紙の検査と製造、紙の再利用、ダンボールや紙の加工の水分管理等多種。

    ※測定のPoint : 測定時、紙自体には50mmの厚みが必要です

MC-60CPAでダンボールの水分を測る

サンプルの厚みが50 mm以上重ねられない場合は、サンプルを下敷き(発泡スチロール)の上に置いてください。
この場合でもサンプルの厚みは最低でも20 mm以上が必要で、サンプルと下敷きの厚みも合計50 mm以上が必要です。

紙・ダンボール水分計MC-60CPAの仕様

型式番号 MC-60CPA
測定方式 静電容量測定
測定対象 6種類の段ボール紙、ろ紙、ティッシュペーパー、セミケミカルバルブ、クレープ紙、テストライナ、梱包紙、中芯紙、クラフト紙、オフセット印刷用紙、ユーザー検量線による測定
測定範囲 0~33 %
ダンボール紙 0~175(カウント値)
測定再現精度 測定対象により異なる(約 ±2 %)
電源 9Vアルカリ乾電池
表示方法 LCDデジタル(最小表示桁 0.1 %)
寸法 72 (W) ×150 (D) ×25 (H) mm
重量 約150 g
付属品 取扱説明書、キャリングケース、テスト電池

測定中、金属部品を近くに置かないで ください

  • サンプルが静電気を帯びていると測定誤差の原因となります。静電気を除去してから測定してください。
  • サンプルを空気中で測定する事も有効ですが、その際は、測定角度、圧力等 に注意してください。
  • 正常なサンプルの測定値を基準水分値とします。
  •     基準水分値とサンプル測定値との比較により、サンプル表面および深さ50mmまでの水分箇所の検出ができます。

海外輸入製品のため校正証明書、試験成績書、 トレサビリティ等の書類の発行につきましては承っておりません。