振動計バイブロ7231(旧3100/FFT分析機能つき)

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 非破壊検査試験機器
  3. 振動計
  4. 振動計バイブロ7231(旧3100/FFT分析機能つき)

振動計バイブロ7231(旧3100/FFT分析機能つき)

振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)簡易設備診断から精密設備診断まで幅広く対応可能な振動計

アンバランスやベアリングの故障など、機械から発生する振動原因がどこの周波数の位置にあたるかで、振動原因を推定することが可能です。

アンバランス、ミスアライメント、機械的ゆるみやガタ、ファン、ブロワー、ポンプ、歯車(増減速機)、転がり軸受、電動機
速度/加速度/変位

●デジタル値モードとスペクトルモードの表示が可能

●振動が制限値に達した時、アラームが鳴ります。

●スペクトルチャートはリアルタイムで表示可能。

●バックライト付きで暗いところでも見えます。

ソフトが付属するようになりました。

送料/代引手数料 無料 本体のみ 校正見積り デモ機依頼 法人のみ
製品名 価格
商品コード SVB-013-03
標準在庫
振動計バイブロ7231(旧3100/FFT分析機能つき)
税別 112,500円
(税込 121,500円)
商品コード VZO-008-03
標準在庫
オプション品
USBシリアル変換ケーブルMJ-USB-B
税別 3,500円
(税込 3,780円)

振動の種類

機械から発生する振動原因がどこの周波数位置にあたるかは機械の構造から決まります。
FFT解析で周波数を分析することにより、振動原因を推定することが可能です。

振動計バイブロ7231(旧3100/FFT分析機能つき)

振動計バイブロ7231(旧3100/FFT分析機能付)の特長

■業務用振動計測の精密診断の指針に:

産業機械で振動しないものはありません。機械の状態や異常の原因を知るためには振動レベルの計測、振動の周波数分析などの精密診断が必要となります。 

当機は、ハンディでありながらプロフェッショナルな振動計測とその分析までをこの1台で現場で結果がすぐに観測できる、高機能、高精度な振動解析器です。

■振動計のセンサ(圧電型加速度ピックアップ)には、振動センサーと磁気ベースが標準装備。

ねじ込み測定、マグネット測定、手持ち測定が可能です。ニードルピックアップも装着可能。

■加速度測定範囲は、1 ~ 392 m/s² (ピーク値)

■速度測定範囲は、 0.1~ 80 cm/s (RMS)

■変位測定範囲は、0.01 – 18.1 mm  (ピーク間値)

■広い周波数レンジ

■データーホールド機能

■アラーム設定機能

■RS-232Cインターフェイス

■データの記録 

100点の記録可能:各点に対して100数値データと1スペクトルデータ記録

■オートパワーオフで電池寿命を節減します。(1~30分に設定変更可能)

■充電可能 

■ハードキャリングケース標準装備

■振動計バイブロ7231は、現場計測に最適なハンディタイプのFFT分析機能付き振動分析計

■簡易設備診断から精密設備診断まで幅広く対応可能な振動計として 幅広くご使用いただいております。

■ピエゾ効果を利用して振動を電気信号に変換して測定します。 

■この信号を入力として、速度の実効値(RMS)、変位のピーク値、加速度のピーク値をはじめ、スペクトルグラフ計算し、ディスプレイに表示したり、印刷することができます。

■一般的な振動だけでなく往復や回転する様々な機械の加速度、速度、変位の測定に加えて、故障診断を行うことができます。

豊富な周波数レンジの選択 
振動速度:10Hz~1kHz、10Hz-500Hz,10Hz-200Hz
振動加速度:10Hz~10kHz、10Hz~1kHz、10Hz-500Hz,10Hz-200Hz
振動変位:10Hz-500Hz,10Hz-200Hz

 

回転機械の状態を振動でトレンド管理し、FFT解析で異常振動の原因を特定。予防保全の必需品。振動発生源の究明に手放せなくなる設備診断機器です。

振動計バイブロ7231の人気の理由

●デジタル値モードとスペクトルモードの表示

振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)  

●振動が制限値に達した時、アラームが鳴ります。

      制限値の任意に設定可能

●スペクトルチャートはリアルタイムで表示されます。

●バックライト付きで暗いところでも見えます。

速度/加速度/変位

振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)

振動計バイブロ7231専用ソフトウェア

測定器で記録されたデータをPCに保存し、ExcelまたはWordへの出力が可能です。

■本体に記録された100データをダウンロード

■各データをポイント(Point)ごとにダウンロード

■各ポイントの最終データのFFTグラフ、現在データの記録・観察

■ポイント内の測定値のグラフを観察

■ポイントごとにデータベースに登録

■測定データのデータベースへの登録および、Excel、Wordへの出力・印刷

 

振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)

 

速度
加速度
変位のモードごとに表示
FFT周波数解析が可能です。
連続的にデーターを瞬間的に
表示させることができます。
振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)

振動計バイブロ7231の用途

  • 加工業、設備機械、工作機械、自動車業界などのあらゆる機械の振動トラブルの原因究明に 非破壊検査機器として広く使用されております。
  • 機械メーカー(工作機械、ポンプ、送風機、自動車)にご好評をいただいております。
  • プラント(化学、鉄鋼、発電)
  • 開発時の振動測定に使用されています。
  • 製品出荷検査に使用されています。
  • 設備保全(簡易診断、精密診断)に使用されています。

振動計バイブロ7231のピックアップの使い方

3種類の方法でピックアップの取付が可能です。注意深く、振動ピックアップを取り付けることが重要です。

しっかり密着させること。接地面は全て接触させること。対象機の軸に対して垂直または水平に取り付けること

誤った取付け方をすると接触共振の影響で測定対象の振動が正しく測れず、正しい診断ができなくなります。

粗い面への取り付けには、グリース、シリコンオイルなどを塗布すると、振動ピックアップの取り付け面のすき間が埋まるので接触面積が増加するのでお勧めです。

ねじ込み測定、マグネット測定、手持ち測定

ねじ込み:ボルト直付けでの測定

振動ピックアップ

測定対象に5mm深さのネジ切りし、ピックアップを直に装着する。       
最も周波数特性が良い方法です。

マグネット・ベース装着での測定振動ピックアップ

磁性の平面で表面粗さがRa1.6以下、加速度が20m/s2以下の場合

マグネット・ベースの表面に付着物がないことを確認し、ピックアップとマグネットベースをしっかりネジ止めして使用します。 
(使用後はマグネット・ベースの表面を保護します。)

ニードルによる測定

振動ピックアップ

周波数が1KHz以下で振動エネルギーがあまり小さくない場合ニードルを測定対象にまっすぐ押し付けて測定します。

 

振動計バイブロ7231の仕様

振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)

ディスプレイ表示
57 mm × 37 mm
LCDディスプレイ(320 x 240 ピクセル)
バックライト あり
測定 速度、加速度、変位
測定内容 測定レンジ 周波数レンジの選択
加速度(ピーク) 1.0 ~ 392.0 m/s² 10~200Hz, 10~500Hz, 10~1KHz, 10~10KHz
速度(rms) 0.10 ~ 80.00 cm/s 10~200Hz, 10~500Hz, 10~1KHz
変位(ピーク間) 0.01 – 18.10 mm 10~200Hz, 10~500Hz
精度 ± 5%
メモリー 100×100個の測定値と100個のスペクトルグラフ
パワーオフ 設定可
データ出力 RS-232Cシリアル出力
使用温度湿度 0℃ ~ 40℃ / 相対湿度で80%RH未満 (結露なきこと)
電源 リチウム充電電池 (ACアダプタによる12時間充電で20時間使用可 )
寸法/重量 本体 : 171×78.5×28 mm 、約232g  振動センサー:54g
標準附属品 本体、振動センサー(圧電型加速度ピックアップ)、取扱説明書、磁気ベース、携帯ケース 、ボトル2本、本体用レザーケース、ACアダプタ、ソフトウェアCD-ROM、RS232通信ケーブル、USBキー
販売元 株式会社佐藤商事 日本正規代理店 
修理や不具合点検など、弊社にお気軽にご相談ください。

注意:計算機能は、ついておりません。診断結果を自動で表示するものではありません。

振動計バイブロ3100が、ソフトの変更により型番が変更になりました。

振動計バイブロ3100(FFT分析機能付)