診断機能つき振動計TPI-9070

Tel:044-738-0622見積専用電話受付:9:00~17:00 休業日:土日祝 Fax:044-738-0623
  1. HOME
  2. 非破壊検査試験機器
  3. 振動計
  4. 診断機能つき振動計TPI-9070

診断機能つき振動計TPI-9070(FFT分析機能つき)

新しい方法の振動測定器。機器の状態の根本原因を迅速に突き止める!簡単で画期的な革新技術!

診断機能付振動計TPI-9070振動計TPI-9070は、機械の異常を振動測定によって検出する簡易振動診断機です。

アンバランス、ミスアライメント(芯ずれ)、ゆるみなどの一般的な振動異常を、変位や速度により自動診断します。

ポンプ、モーター、ファン、ベアリング(軸受)等の振動測定が可能

FFT解析(周波数スペトル)をつかった振動周波数のグラフ表示に加え、振動の大きさやベアリング劣化状態をモニターできます。

■振動値は、速度、ベアリングの劣化度(BDU)、加速度gの3つの数値を同時に表示

■3つの簡単振動分析モード
(アンバランス、ミスアライメント、ゆるみ)

■FFT分析は100ラインと800ラインで表示

■手のひらサイズのコンパクトボディ

■防塵防水性能:IP67相当

送料/代引手数料無料 オプション品のみの購入は手配料がかかります。

デモ機依頼はこちら(法人のみ)

製品名 価格
通販コード SVB-015-01
標準在庫
振動計TPI-9070 ※マグネットベースA9073プレゼント!(2017年3/31まで)
SALE 税別 128,000円
(税込138,240円)
通販コード SVB-015-23
標準在庫
オプション品
マグネットベースA9073(TPI-9070用) ※平面と切り込み面により、R面の場所でも、あたるように特殊設計されています。
税別 21,800円
(税込23,544円)

校正見積りはこちらこの製品は校正証明書の発行が可能です(有償)

診断機能付振動計TPI-9070の有機ELで表示される3つのモード

振動計TPI-9070

振動計TPI-9070の使用方法

振動計TPI-9070

振動計TPI-9070の測定結果【画面1】 ISO規格を参考にした速度・BDU・加速度。色判定

測定を行うと、速度・BDU・加速度が次のように表示されます。

振動計TPI-9071(FFT分析機能つき)

速度について:ISO規格に準拠した速度のRMS値(速度の実効値)が表示

画面の上の部分には、ISO規格に準拠した速度のRMS値(速度の実効値)が表示されます。単位はmm/sで表示。

RMS値は10 Hz(600 rpm)~1 kHz(60,000 rpm)までの振動周波数のものです。

また数値の背景色は下表の評価基準に基づき、機械のコンディションを示しています。

振動計TPI-9071(FFT分析機能つき)交通信号のように、ISOを参考にした赤・黄・緑のカラーで診断できる。

進化した機械設備診断技術で効率アップ!

機械の状態監視が、こんなに便利になるとは!

振動計TPI-9071(FFT分析機能つき)

測定する機械のサイズや種類は設定ウィザードで設定することができます。

ベアリング劣化度(BDU値)について

画面の左下の数値はベアリングの劣化度を表すBDU値です。 BDUはベアリングの摩耗状態の目安になる数値です。

数値が高いほど危険な状態であることを表します。

一般的に1g(ジー)の高周波振動(100 BDU)は危険レベルのノイズであり、ベアリングが損傷している状態を表します。したがってベアリングノイズの数値は軸受摩耗率とほぼ同じだと考えることができます。

初期設定では、BDUが100以上のときは数値の背景色が赤になり、BDUが50~100の場合は、黄色(オレンジ)、50以下になると緑色になります。

ベアリング劣化度BDUの警告レベルは設定ウィザードにて変更することができます。

加速度(g)について

ISO周波数レンジ10 Hz~1 kHzにおける振動のRMS(平均)値です。

単位は重力加速度gで表します。(1 g=9.81 m/s2)

振動計TPI-9070の測定結果【画面2】 自動診断機能

□ボタンを押すと、3つの周波数帯に分割した振動速度(mm/s)が表示されます。

振動計TPI-9071

機械の回転速度に対して振動周波数の等倍、2倍、3倍をそれぞれ1X、2X、3Xとして、バーグラフで表示します。

この振動解析には、設定ウィザードにおいて機械の回転数(Run Speed)を正しく設定する必要があります。

1X(アンバランス:不釣り合い)

左側のバーグラフは機械の回転速度(周波数)と振動周波数が同じ場合で、機械のバランスの良さを示します。

この数値が大きい場合、機械がアンバランスであることを意味します。

バランスの良い機械だと、非常に小さな値になります。(中型機械の場合、約2 mm/s以下)

『アンバランス』とは、回転軸まわりのローターの質量が一様に分布していないことによって、回転時の各質量に働く遠心力が全体としてつりあわずに発生する振動現象です。

回転体の減肉・摩耗やスケールの不均一な付着、ローターの曲がり・偏心等によって生じます。

 

2X(ミスアライメント:芯ずれ)

中央のバーグラフは回転速度の2倍の振動周波数を表し、ミスアライメントが発生しているかどうかを示しています。

『ミスアライメント』とは、軸継ぎ手で結ばれた二本の回転軸の中心線がずれている場合に発生する振動現象です。

 

3X(ゆるみ)

側のバーグラフは回転速度の3倍の振動周波数を表し、ボルトのゆるみや基礎の脆弱性などの可能性を示しています。

『ゆるみ』とは、基礎ボルトのゆるみや、軸受の摩耗などによって発生する振動です。

振動計TPI-9070の測定結果【画面3】 周波数スペクトラム FFT解析

振動分析画面でさらに□ボタンを押すと、振動レベルが周波数スペクトラム(0~1 kHz)で表示されます。

振動計TPI-9071

ピークの高さはスペクトルの各周波数ポイントにおけるRMS振動レベルを表示しています。(mm/sまたはInch/s)

画面右の数値は、赤い点線が示す位置での周波数およびRMS振動レベルです。

赤い点線は◁/▷ボタンで左右に移動でき、ピーク位置と重なると赤い+マークが表示されます。

 

□ボタンをさらに押すと、表示分解能が100ラインから800ラインに上がり、8倍の拡大表示になります。

100ラインと同様に、◁/▷ボタンで赤い点線を左右に移動できます。

振動計TPI-9071

設定方法(設定ウィザード)

振動計TPI-9071

 

ポータブル振動計TPI-9070の用途

工場やプラントには、さまざまな回転機器の管理に

製紙、機械、金属、電力、食品業界

回転機器によるプラントの緊急停止を減少するために

ベアリング(軸受)不良の発生で計画外の機器停止を防止するために

バランス不良か?アライメントか?

小さいRPM以下の低速機~大きいRPMの高速機もあります

ポータブル振動計TPI-9070の仕様

ポータブル振動計TPI-9070の紹介

周波数レンジ

10 Hz ~ 1 kHz (ISO)

1 kHz ~ 15 kHz (BDU)

最大周波数分解能 1.25 Hz @ 800 ライン FFT 設定
振動単位

速度:mm/s(inch/s)
加速度:g(ジー)
BDU:ベアリングノイズ

周波数単位 Hz、RPM 、 CPM
精度 ±5% (159.2Hz 10mm/s RMSの場合)
入力範囲 +/-50g
ダイナミックレンジ

72 dB (0.05g分解能)

VA診断帯域
RPM=回転速度
アンバランス   1xRPM
ミスアライメント 2xRPM
ゆるみ      3xRPM
保護等級 IP67準拠(水深1m以下で30分)
電源 ベアリングチェッカー振動計TPI-9070単3形リチウム乾電池x2本(Energizerエナジャイザー製推奨) 
電池寿命50時間(環境や温度等による)
オートパワーオフ
寸法 200 mm x 60mm x 26mm
重量 280g
使用環境温度 0°C ~ 50°C
付属 本体、単3形リチウム乾電池x2本

診断機能付振動計TPI-9070のオプション

強力マグネットベースA9073

マグネットベースの底面は、平面と切り込み面により、R面の場所でも、あたるように特殊設計されています。

診断機能付振動計TPI-9070

送料/代引手数料無料 校正見積りはこちら デモ機あり
製品名 価格
通販コード SVB-015-23
標準在庫
オプション品
マグネットベースA9073(TPI-9070用) ※平面と切り込み面により、R面の場所でも、あたるように特殊設計されています。
税別 21,800円
(税込23,544円)
【動画で紹介:音あり】ベアリングチェッカー振動計TPI-9070の操作方法
診断機能つき振動計TPI-9070のカタログ

参考資料

振動の変位、速度、加速度の関係

振動計TPI-9071

振動評価基準

振動計TPI-9071

基礎について  上の表中にある『基礎』とは、機械の基礎状態が『固い(Rigid)』、『柔らかい(Flexible)』は回転機械とその取付けられた基礎を含む固有振動数が回転機械の一次危険速度の25 %以上かどうかで判断されます。  例えば、回転数が1800 rpmの回転機械(一次危険速度は30 Hz)が基礎の上に固定されている場合で、基礎を含む固有振動数が37.5 Hz(=30 Hz × 1.25)以上の場合は『固い』基礎に分類され、37.5 Hz未満は『柔らかい』基礎に分類されます。