見積専用電話:平日 15:00まで Tel:044-738-0622 Fax:044-738-0623

CO2モニターHJ-CO2-LOG(二酸化炭素測定器)サトテック

経済産業省が策定したガイドライン準拠。光学式(NDIR)補正機能つき二酸化炭素濃度測定器。弊社CO2モニターは精度十分

換気タイミングが一目でわかる。アラームで警報
「換気の見える化でお客様に安心を」とテレビで紹介されたCO2計。高さ108mm×幅96mm
換気の悪い密閉空間とされる1,000ppm以上で換気を
3密状態・換気の悪い状態の目安に!

本格的なNDIR(非分散型赤外線)式CO2モニターは、
学校・官公庁で多く採用!

2021年11月1日に、経済産業省より策定された「二酸化炭素濃度測定器の選定等に関するガイドライン」の要件を満たしているサトテックCO2計は、光学式(NDIR)、補正機能つきで安心の二酸化炭素濃度測定器です。

 大量注文でも短納期!商社様へは見積もり対応

■二酸化炭素CO2と温度と湿度、露点を同時に表示、記録
■見やすい大型ディスプレイ
実験室、科学研究、農業、栽培、動植物の繁殖、家庭・車・教室・職場の空調管理に広く使用

データロガー機能あり乾電池もOKなのはこの機種だけ

■最大最小値・平均値表示
■アラーム設定(上下限値の設定できます)
■乾電池で最大約45日間の連続動作
電源は単4形アルカリ乾電池×3本か、USB給電
■スタンドまたは壁掛けとして使用可能

出典:>厚生労働省 建築物衛生管理検討会報告書について
二酸化炭素は、濃度が高くなると、倦怠感、頭痛、耳鳴り等の症状を訴える者が多くなることから、室内の二酸化炭素濃度は全般的な室内空気汚染を評価する1つの指標としても用いられている・・・ 二酸化炭素濃度をモニターし適切な換気により1000ppm以下を維持することと、湿度を40%以上に保つことが推奨されています。

CO2モニターHJ-CO2-LOGの特長

換気のタイミングが見えるCO2濃度計

スタンドまたは壁掛けとして使用可能


■二酸化炭素CO2濃度、及び温度と湿度と露点を同時測定、同時表示

NDIR(非分散型赤外線)式CO2センサー

半導体温度センサー

静電容量式湿度センサー

■アラーム機能

任意設定の閾値(上下限値)になると、アラーム音が鳴り、換気をうながすことが可能です。

※アラーム時に画面が赤く光ります(2022年7月より)
※記録中でなくてもアラームがなります(2022年7月より)

■データーロガー(メモリー)機能内蔵

記録間隔は選択
5 秒、 1分、 2 分、 3 分、 5 分、 10 分、 15 分、 20 分、 25 分、 30 分、 60 分、 120 分

※設定した記録間隔で、表示値が更新されます。
※アラーム音は表示値が更新されたタイミングで作動します。(推奨1分間隔)

■PCに出力可能

出力の選択: csv形式、xls形式、txt形式

お使いのPCへの保存、 Microsoft WordやExcelと いったソフトウェアでの閲覧・編集が可能

■簡単シンプルな設定、操作

■電源は単4形乾電池×3(付属)、又はACアダプター(付属)の2way

■オフィスやご家庭、倉庫等の室内環境改善のためなどにご利用ください。



CO2モニターHJ-CO2-LOGの用途

学校・塾など施設で換気タイミングが一目でわかると多く採用されています

学校・塾など施設で換気タイミングが一目でわかる

飲食店・レストラン・飲み屋、オフィスや会議室で換気タイミングが一目でわかると多く採用されています

飲食店・レストラン・飲み屋、オフィスや会議室で換気タイミングが一目でわかる

フィットネスジムやヨガ教室で換気タイミングが一目でわかると多く採用されています

CO2モニターHJ-CO2-LOGの仕様

CO2 センサー NDIR(非分散型赤外線)式
測定範囲 0~10000ppm
分解能 1ppm
精度 ±(5%rdg+50ppm) [400~2000ppm]
温 度 センサー 半導体センサー
測定範囲 -30~65℃
分解能 0.1℃
精度 ±0.5℃(10~65℃)
湿 度 センサー 静電容量式
測定範囲 0~100%RH 結露なきこと
分解能 0.1%RH
精度 ±4%RH [20~80%RH]
データ保存数 22,528件
サンプリング時間 5秒~120分
起動時間 15秒
電池寿命 ※1 約45日間(15分周期でデータ取得時)
電源供給 単4形アルカリ乾電池×3本 , USB給電(5V/2A)
使用環境温度 0~50℃
保管環境温度 0~65℃(長時間保管する場合は、電池を取り外します。)
寸法 / 重量 高さ108mm×幅96mm×奥行20mm / 約160g(電池を含む)
標準付属品 取扱説明書、テスト電池(×3)、USB接続ACアダプター、USBケーブル、取付ネジ(×2)
コンクリートプラグ(×2)
別売品 外部温湿度センサー EXP-RH40
修理不可

※1 記録間隔を15分未満(25℃の環境)にして記録を行うと、電池寿命が極端に短くなる場合があります。長期記録の場合はACアダプターと電池を同時にご使用ください。

*一部仕様変更(機能追加と変更)がございました。(2022年7月より)
*簡易型モニターのため、校正書類の発行は対象外です。
*取引証明などの用途に利用することはできません。
*ビル管用には、使用できません。
*本製品はその測定結果、及びその利用による結果を保証するものではございません。

二酸化炭素CO2濃度の基準値

CO2濃度:1000ppm 以下:換気の悪い密閉空間改善のための換気の目安(厚生労働省)

CO2濃度:1000ppm 以下:建築物環境衛生管理基準(厚生労働省)

CO2濃度:1500ppm 以下:学校環境衛生基準(文部科学省)

CO2濃度(ppm) 人体への影響
360 一般大気濃度
400~600 市街地外気
700 多人数、長時間在室の場合の許容濃度
1000 学校環境衛生、ビル管理法等の許容基準濃度
5000 長期安全限界濃度
20000 呼吸量増加
50000 重度のあえぎ
100000 10分で意識不明
1ppm = 0.0001%   10,000ppm=1%

温湿度管理でも新型コロナウイルス感染対策を

●乾燥シーズンの冬季において、30%RH以下の低湿度の室内は、感染者から放出されたウイルスが空気中を長い長い時間、漂い続けるため、感染リスクが高くなります。

●新型コロナウイルス感染やインフルエンザ感染のリスクを低減するための効果的な予防策は温湿度管理。

●感染リスクを低減させるためには、室内の湿度を50~60%RHキープすることが効果的。一目でわかる大きな表示

●適切な湿度の室内では空気中を舞うウイルスが水蒸気(小さな水滴)に捕まり、床に落下して飛散しにくくなります。

●また、季節性インフルエンザのウイルスは、湿度が高い環境では生存することができないため、適切な湿度管理は安全性が高く、効果的な対策になります。


「サトテック データロガーCO2モニター HJ-CO2-LOG」は、弊社の製品名であり、名称の無断使用を禁じております。
サイトに掲載している画像の著作権は弊社にございますので、無許可での掲載を禁じております。
弊社の日本語取り扱い説明書の転用も、著作権の侵害として法的処置を取る場合もございます。
ネット通販への転売はお断りしております。

商品カテゴリ

商品検索

お買い物ガイド

ご利用ガイド 各種お問い合わせ
業者コード:0000098781
全省庁への入札参加資格アリ

インフォーメーション

ご利用規約 | プライバシーポリシー