見積専用電話:平日 15:00まで Tel:044-738-0622 Fax:044-738-0623

サトテック 超音波厚さ計UM-1[ベーシックモデル/本体2年保証]

超音波厚さ計UM-1超音波厚さ計UM-1超音波厚さ計UM-1超音波厚さ計UM-1超音波厚さ計UM-1超音波厚さ計UM-1探触子PT-08超音波厚さ計UM-1ステップ試験片

・0.1mmきざみの超音波厚さ計
・取り扱いが容易で高精度なハンディ超音波厚さ計
・超音波厚さ計は、探触子(センサ)から発信した超音波が、測定物に反射し戻ってくる時間から厚さを算出
・メモリ機能により本体に測定値を保存できるため、現場での手書き作業が不要 500件まで(PC出力不可)

校正書類の発行可(有償) 本体のみ2年保証

専門知識や熟練技術がなくても、簡単に厚さ測定

配管・鉄板等の腐食検査や、ノギスやマイクロメータで測定が難しい場所の厚さ測定に

鉄、鋳鉄、アルミ、プラスチックなど内部の腐食や磨耗を外側から測定・診断

探触子の交換不可/ペイントスルー機能なし

*弊社は正規ルートです。安心のアフターサービス

 

ステップ試験片(鋼) 6段 6ST/1-20   
厚さ1mm、3mm、5mm、10mm、15mm、20mmのステップ試験片
厚さ計の校正や性能チェック用試験片です。

超音波厚さ計UM-1(本体2年保証)の特長

● 超音波厚さ計UM-1は、取り扱いが容易で高精度なハンディタイプの超音波厚さ計です。

● 見やすいディスプレイ、厚さの単位はmm、高分解能(0.1mm)

● 省エネ設計(単3形乾電池2本使用)/5分間の動作がない場合は自動電源オフ

● 簡易校正可能

● 測定範囲設定によるアラーム機能を装備

● 測定値の記録保存が可能、500件まで(5ファイルに100件ずつ)

測った値を、番号をふって保存できる

測定値に割り当てられた番号さえ記録しておけば、番号を呼び出しラクラク整理、最大500件の値が保存できます。
現場の作業にはもってこいの、実用性に優れた製品です。

注意:パソコンへの出力はできません。

超音波厚さ計UM-1の用途

超音波厚さ計UM-1D[スルーペイント機能付]タンク、パイプ、高圧容器、鋼板

ノギス、マイクロメータなどではかれない

広板の中央部の肉厚測定

 

注意:H型鋼では計測できるものとできないH型鋼がございますので、下記仕様によりご判断ください。

超音波厚さ計UM-1の仕様

サトテック 信頼のサトテック・クオリティ

2振動子探触子式

ディスプレイ 128 X 64ピクセル 42mm X 57mm
測定範囲 1.0mm~100.0mm(鋼の場合)
精度 10mm以下:±0.1mm
10mm以上:±(1%読取値+0.01mm)(鋼の場合)
表示分解能 0.1mm
データログ 500データ(5種類の音速で100データずつ可能)
音速範囲 1000~9999m/s
自動電源オフ    無作動で5分後
バックライト機能 有り 
探触子標準プローブ 探触子PT-08 (測定周波数:5MHz) 
電源 単3形 乾電池2本
低電圧警告機能 有り(「BATT」と表示される )
使用環境 0~40℃・80%RH 以下 (結露なきこと)
寸法・重量 149mm X 73mm X 32mm 160g(本体のみ)
付属

•本体、株式会社佐藤商事オリジナル日本語取扱説明書
•探触子PT-08(二振動探触子5MHz、φ11mm)
• 試験片(4mm[鋼換算]、本体内臓)
• カプラント
• 単3電池×2本
• キャリングケース

販売元 株式会社佐藤商事 日本正規代理店 
修理や不具合点検など、弊社にお気軽にご相談ください。

*mm単位の数値は、全て鋼換算で表示しています。

 

超音波厚さ計UM-1のオプション

カプラント接触媒質(グリセリンペースト)

(400ml)


ステップ試験片(鋼) 6段 6ST/1-20    厚さ1mm、3mm、5mm、10mm、15mm、20mmのステップ試験片
厚さ計の校正や性能チェック用試験片です。

超音波厚さ計UM-1Dと超音波厚さ計UM-2Dとの比較

-
UM-1
UM-1D
UM-2D
測定範囲
(標準モード)
1.0 ~ 100.0 mm 0.8~300mm
※使用探触子による
(標準探触子ベース)
測定範囲
(E-Eモード)
測定不能
スルーペイント機能なし
3.0 ~ 18.0 mm
スルーペイント機能あり
表示分解能 0.1 mm 100mm以下:0.1/0.01mm選択可
100mm以上:0.1mm
測定精度 10mm以下:±0.1mm
10mm以上:±(読取値の1%+0.1)mm
10mm以下:±0.05mm
10mm以上:±(読取値の0.5%+0.01)mm
測定器のサイズ 149 x 73 x 32 mm
探触子
標準プローブ
PT-08
データログ 500データ
音速範囲 1000~9999m/s

音速参考表

*音速を正確に知るためには、素材による校正が必要です。
あらかじめ厚みのわかっている素材を超音波厚さ計で測定し、実際の厚みと超音波厚さ計の値をあわせるために、音速を補正する必要があります。

材質 音速(m/s) 材質 音速(m/s)
空気 330 ナイロン(6,6) 2600
アルミニウム 6300 油(SAE 30) 1700
酸化アルミニウム 9900 プラチナ 3300
ベリリウム 12900 プレキシグラス 1700
炭化ホウ素 11000 ポリエチレン 1900
真鍮 4300 ポリスチレン 2400
カドミウム 2800 ポリウレタン 1900
4700 クォーツ 5800
クラウン・ガラス 5300 ブチルゴム 1800
グリセリン 1900 3600
3200 軟鋼 5900
4000 ステンレス 5800
インコネル 5700 フッ素樹脂 1400
5900 スズ 3300
鋳鉄 4600 チタン 6100
2200 タングステン 5200
マグネシウム 5800 ウラン 3400
水銀 1400 1480
モリブデン 6300 亜鉛 4200
モネル 5400 - -
ネオプレン 1600 - -
ニッケル 5600 - -

超音波厚さ計UM-1の測定の工夫

探触子と測定面の空気層

測定面と探触子の間に空気層が入らないように、粘度の高いカプラント(接触媒質)を十分に塗布
塗布量が少ない場合や、粘度の低いカプラントを使用した場合は、空気層ができ、超音波が測定物に透過しないため測定ができない場合があります

測定面の粗さの影響

測定面は、スケール(金属酸化物の被膜)などを除き、平滑に仕上げることにより安定した測定が可能
鋼ならば、グラインダ仕上げ、粗いヤスリ(並目以下)

塗膜の影響

グラインダで塗膜を除去
母材表面にサビ-空気層が発生-空気層で超音波が反射
超音波厚さ計

曲率(パイプ)の影響 超音波厚さ計
2点測定法

腐食の進行が予想される箇所では、2点測定法で測定
2点測定法とは、同一の測定点で、探触子の向きを90度変えて2回測定し、どちらかの薄い値を測定値として採用する方法
超音波厚さ計

ペンキやエポキシ系の塗料で塗装されている測定面を計測する場合、音速が鉄に比べ約2.5倍遅いため、実際の塗装厚の約2.5倍が、厚みとして加算されてます。
正確な母材の厚さを測定するためには、塗膜をはがすす必要があります。

超音波厚さ計UM-1[ベーシックモデル]で測定できない物質

裏面の腐食が著しい素材 実際の厚さとかけ離れた測定値を得る場合あり
軟質樹脂・ゴム 超音波の減衰が大きい
合金系鋳物 結晶粒による散乱、減衰が大きい
コンクリート・木 空気層、異物による散乱が大きい
クラッド鋼
異種金属を張り合わせたもの
各素材の音速が異なるため
ラミネーションを含む素材
2枚板、気泡を含むもの
2枚板の場合、上層部の厚さがデジタル表示されます。
含有する気泡やラミネーションが超音波を反射するため
ラミネーションとは: 鋼材の不純物により溶接熱で割れが入ること

商品カテゴリ

商品検索

お買い物ガイド

ご利用ガイド 各種お問い合わせ
業者コード:0000098781
全省庁への入札参加資格アリ

インフォーメーション

ご利用規約 | プライバシーポリシー