見積専用電話:平日 15:00まで Tel:044-738-0622 Fax:044-738-0623

熱電対温度計測ユニット WD100-FA02+WD100-S32 無線方式 データ収集 一括監視

長距離通信 熱電対温度計測システムWD100-FA02+WD100-S32長距離通信 熱電対温度計測システムWD100-FA02+WD100-S32長距離通信 熱電対温度計測ユニットWD100-FA02データ収集管理制御通信サーバWD100-S32データ収集管理制御通信サーバWD100-S32長距離通信 熱電対温度計測システム

●LoRa無線方式熱電対温度計測ユニットWD100-FA02
熱電対センサ入力 3チャンネル
●データ収集管理制御通信サーバWD100-S32

防水対応 (IP67)
寸法: W90 x H130 x D40 mm (突起部、アンテナ除く )

ガラス加工や金属加工の電気炉、食品加工のオーブン等、温度データを 24時間365日連続計測。

管理オフィスで一元管理できます。

10年電池駆動で電源工事は不要。

データはLoRaで遠隔収集が可能です。

■豊富な熱電対温度センサを使用することができます。
温度センサーのラインアップはこちら
K熱電対、T熱電対、E熱電対、R熱電対,S熱電対対応

▲特長  ▲仕様

長距離通信 熱電対温度計測システムWD100-FA02+WD100-S32 の特長

■電気炉や工業オーブンの温度データを無線化

■温度データを24時間365日連続計測

■管理オフィスで一元管理

■10年電池駆動で電源工事不要

■データはLoRaで遠隔収集

■1台で 3チャンネル同時計測

3組の熱電対を 1台の熱電対温度計測ユニットに接続でき、コストパフォーマンスに貢献します。

■LoRa無線方式による遠距離通信

LoRa無線方式の採用により、見通しで 11km以上、密集地で 3km以上の通信が可能です。

■長寿命

搭載バッテリの能力を最大限に生かすため、弊社の電源制御技術を搭載。
最適化された間欠動作により長期間安定して稼働し続けます。

■屋内・屋外の設置を問わず

全ての装置が防水仕様 (IP67)です。

また、動作温度も -30℃から +70℃と日本の四季の環境変化にも十分対応できます。

■多くの熱電対タイプに対応

熱電対の K、J、N、R、S、T、B、Eタイプに対応。

■他のWD100シリーズ計測ユニットとの組合せ可能

既存の WD100シリーズ用環境計測ユニットと組み合わせてデータを一元的に収集できます。

長距離通信 熱電対温度計測システムWD100-FA02+WD100-S32 の用途

農業ハウス、食品工場、流通倉庫、稼働管理、薬剤管理等の温度監視や制御が簡単に行えます。

長距離通信 熱電対温度計測システムWD100-FA02+WD100-S32の仕様

熱電対温度計測ユニットWD100-FA02の仕様

温度計測監視対象の温度範囲に合わせた熱電対を接続し、
任意の時間間隔で LoRa 無線通信を利用して、データ収集管理制御サーバに送信します。
10年バッテリ内蔵で外部電源は不要。

機器設定方式 親機にあたるデータ収集管理制御通信ユニット(WD100-S32/-N32)にて設定
温度測定 熱電対タイプ K / J / T / E / R / S型の熱電対に対応
チェンネル 3チャンネル 熱電対用コネクタで接続
温度範囲 -50℃ ~ 1700℃  接続した熱電対による
誤差 リニアティ誤差:±0.15%
令接点保障:0.7℃
通信 変調方式 LoRa(LoRa Allianceで規定)
周波数 920MHz帯
規格 プライベートLoRa、出力20mW、電波法技術適合
通信距離 約3km(密集地区)
約10km(田園地区、見通し良好)
アンテナ ワイヤーアンテナ
(カスタムで外部アンテナ取り付け対応可能)
測定間隔 5/10/15/30/60分間隔から選択
(データ収集管理制御通信サーバWD100-S32上で設定)
基本 電源 寿命10年
塩化チオニルリチウム電池(空輸安全規格適合)
消費電力 送受信時のみ動作
設置方法 ポールマウント又は、ネジ止め
寸法 W90 x H130 x D40mm(突起部、ケーブル、アンテナを除く)
質量 200g(ケーブルを含まず)
動作環境 温度 -30℃ ~ +75℃
湿度 0 ~ 90%RH
防水 IP67
規格 通信規格 電波法技術基準適合、工事設計認証番号:001-P01026
安全規格 CE 準拠、UL 準拠
EMC 規格 VCCI Class A 適合
環境規格 RoHS 指令適合

注意:アクセス間隔、LoRa 拡散率、リトライ回数で電池寿命は異なります

データ収集管理制御通信サーバWD100-S32/-N32の仕様

最大32台の各種計測制御ユニットとセキュアなデータ収集や制御が可能。

子機との通信はLoRa(LPWA)方式無線通信規格で遠距離通信が可能。

外部との接続にはPoE給電仕様のギガビットLANとLTE通信対応。
※LTE通信対応はWD100-S32のみ。WD100-N32は非対応。

長距離通信 熱電対温度計測システムWD100-FA02+WD100-S32

本体仕様
機器設定方式 Web ブラウザを介して、手順に従い設定
カレンダ/時計 ボタン電池によるバックアップ(航空危険物対象外)
使用環境条件 温度:0~55℃ (AC アダプタ利用時) -20~60℃(PoE 利用時) 湿度:0%~95%RH (結露なきこと)
海抜:3,000m 以下
防水仕様 IP67 (ただし AC アダプタ使用時を除く)
AC アダプタ
(標準付属)
本体専用品、UL 適合、PSE 適合(トラッキング対策済)
寸法(mm):W46 x D34 x H25 (突起部、ケーブル含まず)
入力電圧:100 - 240VAC 50/60Hz
出力電圧: 5VDC 1A
質量:約 100g
ケーブル長:約 1.6m
寸法(mm) W130 x H175 x D45(アンテナ、突起部除く)
質量(g) 450 (AC アダプタ、LTE アンテナ、LoRa アンテナ、LAN ケーブル含まず)
消費電力 約 6W (WD100-S32) 約 2W (WD100-N32)
定格電圧 5VDC(本体) / 100-240VAC(AC アダプタ) / PoE 受電
安全規格 CE 準拠、UL 準拠
EMC 規格 VCCI Class A 適合
環境規格 RoHS 指令適合
無償保証期間 出荷後 1 年間
通信/ネットワーク仕様  ※LTEはWD100-S32のみ対応。WD100-N32は非対応。
LTE 電気通信事業法適合、認証番号:D15-0201001、
電波法技術基準適合、工事設計認証番号:001-A06417
SIM 利用にあたっては DoCoMo と別途契約が必要
(他の SIM 搭載についてはお問い合わせください)
LTE アンテナ 電波法技術適合品、ケーブル長 2m
LTE データ通信 有効/無効の設定可能、APN(アクセスポイント名)の指定可能
回線接続状態 Web ブラウザにより状態を表示(未接続、接続中)
LTE 受信レベル Web ブラウザにより状態を表示(圏外、1 本、2 本、3 本)
LoRa 電波法技術基準適合、工事設計認証番号:001-P01026
920MHz 帯 (920.6 - 923.4MHz)
LoRa 通信拡散率 LoRa Private 採用
拡散率(7 ~ 12)を電波到達状況に合わせて変更可能
Web アクセスでパラメータを変更後、磁力スイッチによる設定内容を変更
LoRa アンテナ ダイポールアンテナ(デフォルト)、外部ダイポールアンテナ(オプション)
LoRa 通信電波強度 Web  ブラウザにより、通信サーバと計測モジュール間の通信を通信サーバで受信した
電波強度を表示
LoRa 通信到達距離*1 参考値:約 3km(密集地)、約 11km(見通し良好地)
実験値:東京都庁(展望台)~高尾山(展望台)間約 42km   の通信を確認(見通し通信)
有線 LAN ギガビットイーサ (10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T のオートネゴシエーション)
ケーブル長  10m(固定)、防水対応のため本体側は着脱不可、他端は  RJ45  コネクタ
ネットワーク速度 10Mbps/100Mbps/1000Mbps
(オートネゴシエーション、全二重、半二重の設定可能)
PoE PoE 受電装置、IEEE 802.3af、802.3at、PoE 給電装置からLAN ケーブルを利用して給電
IP ネットワーク IPv4、IPv6 およびデュアルスタック
DNS プライマリ/セカンダリアドレス指定可能
DHCP 設置環境で DHCP サーバが稼働している場合、以下の内容を取得できます
IPv4  アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス、DNS  サーバアドレス
セキュリティ HTTP、HTTPS によるWeb アクセス、アクセスユーザ設定よるアクセス制御、IP フィルタ
サポートプロトコル ARP、HTTP、HTTPS、ICMP、RSH、NTP、SMTP、SNMP(v1 / v2c / v3)、TCP/IP、UDP
機能仕様
モニタ表示 Web ブラウザを搭載し他機器より、遠隔から次の状態を確認可能。
・センサ状態:各計測ユニットの現在値や通信状態を一覧表示
・接点状態:各接点監視制御ユニットの現在の接点状態を表示
・表示灯状態:各表示灯状態監視ユニット(WD120A/B)から得られる表示灯の状態 を表示
・飽差状態:選択された計測ユニットから現在の飽差値を表示
機器設定 各計測ユニットに対して、通信ポーリング間隔、ログデータ取得間隔を設定可能
ネットワーク設定
(有線 LAN)
IPv4 および IPv6 共に、IP アドレスとゲートウェイアドレスの設定が可能
IPv4 アドレス設定では、DHCP の設定可能
LTE設定 ※WD100-S32 のみ有効
有効/無効、APN、認証ユーザ名、パスワードの設定可能。回線接続状態アンテナレベル(接続強度)を表示
時刻設定 手動または  NPT  サーバ指定による自動日時設定
アクセス制御 最大  10  ユーザの登録と個別パスワード及び情報参照/制御/設定の権限設定
最大10 個のIP アドレス指定によるアクセス制限、およびIP フィルタの有効/無効指定
NTPクライアント機能 登録した Time Server(NTP サーバ)との時刻同期可能
タイムゾーン設定可能
クラウド通信 MQTT プロトコル対応
LAN 経由またはLTE 経由の選択可能(LTE 経由はWD100-S32 のみ有効)
電子メール POP/SMTP サーバ対応
異常通知用の電子メール送付先を 10 件設定可能。グループアドレス、携帯電話のメールアドレスも設定可能
電子メール内容設定 送信する電子メールの定型内容を 20 件定義可能
イベント内容の差し込み定義も可能
FTP通信 FTP サーバ(例えば FTP サーバ機能を持つネットワークストレージ、NAS)を指定してログデータを自動的に送信
ログデータはCSV 形式で記録
対応 SNMP SNMPv1、SNMPv2c、SNMPv3
コマンド設定 最大 20 の外部機器制御用コマンド設定可能
警告通知 最大 8 箇所への SNMP トラップ送信
接点出力制御 最大 40 テーマの出力状態を定義可能
1 つのテーマに指定する出力制御装置の各接点出力(ON/OFF/なにもしない)を定義例えば、制御と復旧では 2 テーマの定義が必要
遠隔制御 TELNET または SSH による遠隔制御可能
ログ転送 イベントログおよびデータログそれぞれを指定したアドレスに転送可能
センサ設定 土壌センサと日射センサの設定を行う土壌の違いによる各パラメータを設定
日射センサの感度パラメータを設定
センサノード設定 各計測ユニット、接点監視制御ユニット、LoRa ゲートウェイ等のLoRa 通信パラメータを設定
ID、モニタ有効/無効、送信間隔、リトライ有効/無効、LoRa 通信チャンネル、LoRa 拡散
率等を設定可能
ゲートウェイ設定 本体の LoRa 通信チャンネルと拡散率を設定
閾値判定機能 計測センサユニットの各センサに対して、上限注意値、上限警告値、下限注意値、下限警告値を設定可能
接点入力監視ユニットの各入力信号監視
判定後のアクションを設定可能
アクション設定 最大 20 種のアクションを定義可能
アクション実行の条件は、閾値判定および入力信号判定
アクション実行項目は、電子メール送信(最大 10 箇所)、SNMP トラップ通知、コマンド実行、接点出力制御ユニットの接点制御を組み合わせて定義可能
イベントログ Web ログイン、TELNET 接続、SSH 接続、メール送信成功、メール送信失敗、接点入力状態変化のイベントを、項目を選択可能
異常の発生、復帰などをタイムスタンプと共に最大 1,000 件記録
自動メール送信機能(イベントログを添付ファイルとしてメール送信) 停電・瞬断でも記録された内容は消えない
データログ 各計測ユニットのセンサ情報、接点情報を受信時間を元に記録、保存各ユニット単位でのログの確認可能
メール送信、FTP 通信でデータログファイルを自動転送
センサデータ調整 各センサーの経年誤差を補正するためのオフセット値を入力可能
CO2 については、自然界の値 400ppm にオフセットする機能あり
コマンド実行機能
(本機からの制御)
アクション実行に rsh、snmpset  コマンド、snmptrap  による実行が可能
ソフトウェア Web 上よりファームウェアのアップデートが可能
バックアップリストア 各種設定データを一括または個別にバックアップおよびリストアが可能
個別指定項目は、SNMP トラップ、SNMP v1/v2c、SNMP v3、電子メール内容設定、実行コマンド設定
自己診断 WatchDog による監視

簡単にLoRa無線を利用した環境計測システムや制御システムが構築できる「ももことあやか」WD100シリーズ。

Wi-FIや特定省電力無線やBluetoothでは難しいノイズに強い遠距離通信が可能(実績42km通信距離)。

省電力、遠距離通信が可能なLoRa無線方式を採用したデータ収集管理制御通信サーバ。

同シリーズで提供される各種センサ付き計測ユニットや制御ユニットを最大32台管理可能。

各ユニット間の通信距離は密集地で約3km、見通し距離で約11km。

データ収集間隔は計測ユニット毎個別に指定可能。

収集したデータはLTE、LAN経由で上位システムとの連携が可能。

FTPサーバ(NAS)を利用した最小システムも構築可能。

閾値設定ができ、異常判定を行いネットワーク警告灯、電子メール送信、接点制御等の連携可能。

SNMPに対応し遠隔からの制御が可能。

動作温度範囲は、-10℃から+55℃。IP67防水対応。LANはギガビットでPoE対応。

クラウドとはMQTTで通信可能。

熱電対温度センサー

※1本からでも、お客様の要望にあわせて温度センサ(熱電対/白金測温抵抗体)の受注生産可能です。
☞ お問い合わせフォームはこちら ☞ 熱電対温度センサー図面作成サイト



  • 端子箱付温度センサ

  • ・標準タイプ
    ・ニップル付端子箱
    ・フランジ付端子箱
    ・ルーズフランジ付端子箱
    ・コンプレッションフィティング付




商品カテゴリ

商品検索

お買い物ガイド

ご利用ガイド 各種お問い合わせ
業者コード:0000098781
全省庁への入札参加資格アリ

インフォーメーション

ご利用規約 | プライバシーポリシー